伊藤組紐店で紐を愛でる

私は組紐が好きで日常でも取り入れたいと思い、懐中時計やカメラのストラップに使用して楽しんでいました。

組紐でも断面が丸いタイプもありますが、写真の組紐は平たい紐でこれを真田紐と呼びます。

よく使われるのが美術品や高級食器などを保存する為の桐箱を縛るときに使用する紐です。

桐箱との相性がとても良くて、中身が大事なのは言うまでもないのですが、箱と紐の組み合わせがとても美しいのでそれだけでも絵になります。

そんな組紐を香合仏にも生かせないものかと思い、本来ならば香合仏が中心なのですが、私は組紐の色合いに合わせて香合仏の制作を開始しました。

持ったときに大きすぎないか、鞄から取り出したときに美しく見えるかそんな事を考えながら彫刻をしています。

ギャラリーや制作行程で少しずつ出来上がっているので良かったら見に来てください。

kumihimo-6

 

butuzou himo-32

 


Comments are Disabled