平安時代の香合仏

kougou sennsyu heian

 

干支の香合仏を制作するにあたり参考の大きさの見本と させていただきましたのが京都博物館に収蔵されている 千手観音香合仏です。

制作年代が、平安から鎌倉時代頃に造られた香合仏です が、800年間よく残ってくれたものだと思います。 お顔の表情もしっかりと残っており、気品ある表情をし ています。 この古い香合仏の存在は知っていましたが、私が造って いた香合仏は少し小さめです。 しかし、もう少しだけ大きくしても良いのではないだろ うかと思っていました。 そういうところから当初、私は香合佛の大きさに悩んでい ました。 あともう少し大きいほうが見栄えもするし、技術的に も可能性が広がります。長い年月残ってきた香合仏を参考にしたいと思い 様々な古い仏像を対象とした写真集や香合仏に関する 本を見ていましたが、残っている香合佛は非常に少なく おかげで迷うことがなく、この上の画像の香合仏の大き さが書いてありましたので、その寸法を参考に制作を開 始しました。

この複数ある手の彫刻をどのようにすすめようか、楽しみでもあり、不安でもあります。

手は顔の次に難しいので的確に彫りこめるように、これから練習も兼ねて沢山制作してみます。

kjougoubutu juuiti]

 


Comments are Disabled