香合仏を作る道具

 

 

香合仏を作る道具

dougu -1

上の画像の道具は左から、一般的なメートル法の定規、尺定規、彫刻刀、鉋、その上は仮引き、金槌、木のノギス、コンパス、鉛筆、鋸

になります。

彫刻刀は、左側が印刀という斜め刃がついている彫刻刀ですが幅が18㎜、9㎜、次が平刀で18㎜、6㎜、2㎜、次が丸刀で15㎜、3㎜です。

ここまでそろえると大変なので少し省略してみました。

 

dougu-2

上の画像は省略した道具です。

左から一般的なメートル法の定規、彫刻刀、コンパス、鋸です。

彫刻刀は、左側が印刀で幅が9㎜、次が平刀で6㎜、2㎜、次が丸刀で3㎜です。さらに省略してみます。

dougu-4

 

9㎜の印刀と鉛筆です。

おそらくこの二本があれば、あとは日常生活にある道具でなんとか代用が聞くのではないだろうかと思います。

この印刀で沢山彫る事を経験して、それから少しずつ道具を集めると良いかと思います。

彫刻刀は切れなくなるととても彫りにくいので砥石を使って研ぐことも必要になってきます。

 

dougu-6

 

砥石は右から中砥石、仕上げ砥石です。

仕上げ砥石は規格外の端の石だと買い求めやすいです。

それでも、だいたい1000円切るか切らないかです。

砥石も他にたくさん種類があるので、いきなりそろえるのは大変だと思います。

とりあえず、彫刻刀一本から挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

dougu-5

上の画像をクリックすると道具の説明に移ります。