-SCULPTURE-  ~representation of a person~ (スカルプチャー)

このウェブサイトでは、主に人物の顔を中心に木彫で制作をいたします。
私は仏像を中心に彫刻をしているのですが、日本の古い仏像の形だけではなく、僧侶の姿も彫刻する事がございます。
僧侶の彫刻は主に人体表現に近いのですが、写実に近い完璧な人体表現ではありません。
どちらかというと、仏像表現の要素も含まれています。
リアリティーよりも崇高さを表現するためですが、リアルすぎると生々しくなりありがたい気持ちが起こりにくくなります。
日本でも鎌倉時代(正確には平安末期)に人間の目玉を表現するために玉眼という水晶の石を内側から目をはめ込んで表現し、かなりリアルに制作されていますが、そのリアルというのも正確な骨格や筋肉描写ではなく、人体からは多少かけ離れていても崇高さを追い求めた結果のような気がします。

私は昔の人が求めた崇高な顔の表現を目指し、また昔の人が制作してきた肖像彫刻をこのサイトでご紹介できればと思います。

彫刻 風太郎
英訳 征太郎

-SCULPTURE-  ~representation of a person~

This web site introduced process of sculpture
of a face mainly

Actually I sculpture of Buddha statue mainly
but sometimes I sculpture of Buddhist monk statue also

sculpture of Buddhist monk is like a representation of a person
but it is not realistic representation of person
It is rather likely than representation of Buddha statue

That purpose is representation noble than realistic
Because if that statue goes too realistic people does not feel faith
Buddhist monk statue which sculptured by Busshi(Master craftsman of Buddhist image)
in Kamakura period(Exactly end of the Heian period) use crystal for representation of eyes
and fit it from the inside

of course these statues sculptured realistic but
that realistic have different mean

for example that is not realistic representation of muscle or skeletal muscles

I think these realistic as result of pursued noble by old master craftsman of Buddhist image
so these statues have difference realistic person

I try representation of noble sculpture like a old master craftsman of Buddhist image
and I will introduce these sculpture which an old person sculptured

Best regards

Sculptor by Futarou
English translation by Seitarou

ギャラリー

自画像と頭部の石膏像が掲載中です。
今後、増やしていきたいと思います。

制作

制作
彫刻の材料は主に日本の木曾檜を使います。彫るための材料も仏像彫刻で使う彫刻刀と同じ道具を使用します。

身近な肖像彫刻

身近にある肖像彫刻
古い日本の肖像彫刻から学ぶべきところは多い

ブログ一覧

Blog造佛記

香佛舎